記事一覧

アンティーク家具入りました2

テーブル・デスクも補修を終え展示に加わりました

ファイル 112-1.jpgファイル 112-2.jpg
伸長式テーブル 天板再塗装済み 椅子背座張替え済み

ファイル 112-3.jpg
バタフライテーブル 天板補修済み

ファイル 112-4.jpg
アンティークデスク 天板再塗装済み

ファイル 112-5.jpg
六角形テーブル 天板再塗装済み

アンティーク家具入りました

夙川店にアンティーク家具が入りました

家具の富士ではアンティーク家具を安心してご購入・ご使用
いただけるよう以下のことを行っております

・家具のコンディションに合わせCOBO富士で補修をしてから展示に並べています
・追加で補修をご希望の場合は、その場で補修内容・補修金額のご相談をCOBO富士の職人が承ります
・COBO富士で仕入れ、補修を行うことで価格以上の質を目指しています

ぜひご来店いただき実物をご確認くださいませ。

ファイル 111-1.jpgファイル 111-2.jpg
ファイル 111-3.jpgファイル 111-4.jpg
ファイル 111-5.jpg

椅子のリメイク

COBOでは新しい椅子の製作、お客様の椅子の修理以外にも
リメイクしてお渡し出来る椅子もあります
形や数は色々ですが興味持たれましたらご連絡お待ちしております

ファイル 110-3.jpgファイル 110-1.jpg

ちなみに、この椅子は6脚あります

ファイル 110-2.jpgファイル 110-4.jpg

椅子改造

ファイル 106-1.jpgファイル 106-2.jpgファイル 106-3.jpgファイル 106-4.jpgファイル 106-5.jpg

箪笥やテレビボードの改造はよくやりますが、今回は、初めて椅子の改造をやりました。
背と座は全て布で張り込んでしまうので、曲げベニヤや木で補強などをしてから張り込んでいきます。
受注の時は無理な依頼だと思いましたが作業をして、完成品を見てみると、意外に出来るもんだなと感じました。
椅子一脚だとそんなに値段もかからないのでおすすめです。

扉リフォーム

ファイル 105-1.jpgファイル 105-2.jpgファイル 105-3.jpgファイル 105-4.jpg

今回はまったく違う家具に作り変えてしまう家具のリメイクをご紹介します。

お客様からお預かりしたのは思い出の家具の扉と引出です。お引越しで、持っていくことのできない思い出の婚礼家具を、形を変えて残したいとのご依頼をいただき、今回のリメイクが生まれました。

今回、この扉と引出を使って作ったのは椅子です。
扉の中板を使い背板に、引出を少し小さくして座面に使用しました。まったく違う家具へのリメイクですが、とてもよくできたと思います。
もちろん引出も使用できますよ。
思い出の家具の形を変えて使い続ける、とても素敵な事だと思いました。


COBO 鈴木

セパレートソファの活用法

ファイル 93-1.jpgファイル 93-2.jpgファイル 93-3.jpg

最初4点セットや5点セットで購入したセパレート式ソファを
お引っ越しなどでいつの間にか真ん中の肘のないソファだけで使っているという方はいませんか?
今まさに使っている!!と言う方は必見です。

肘のないソファだけ単体で使っていたお客様に木製(ウォールナット)の肘を取り付けてみました。
すると革とウォールナットの相性が良い素敵な1人掛けソファが完成しました。
見た目も使い勝手もグンっと良くなります。
肘のないソファが余ってる方におススメです。

新座店 板垣

お持ちの家具+α=

ファイル 90-1.jpgファイル 90-2.jpgファイル 90-3.jpg

以前リメイクしたセンターテーブルです。

お客様のお持ちのセンターテーブルに引出しを追加しました。
見た目はほとんど変わっていませんが使いやすさは大きな差。
テーブルの上はついつい物が溜まってしまうので引出しがあると便利ですよね。

新座店 板垣

扉の框組み

ファイル 84-1.jpgファイル 84-2.jpgファイル 84-3.jpgファイル 84-4.jpg

家具のリフォームでたまにあるのが扉を新しく作ることです。
現状の家具の雰囲気に合うように、という事だったので框組みにして、内側を面取り加工しました。
この組み方は仕上がりも綺麗で丈夫なのでお勧めです。


COBO 鈴木

家具のリメイク。

ファイル 72-1.jpgファイル 72-2.jpgファイル 72-3.jpgファイル 72-4.jpgファイル 72-5.jpg

今回はキングサイズのベッドをリメイクさせていただお話です。

最初はベッドを半分に切って足りないパーツは新しく作って、シングルサイズを2本作れないだろうか?という依頼から始まりました。いろいろお話を伺った結果、お客様の一番欲しいものを作りましょ!ということに。
そして完成したのがこの大きなソファ。奥行きを縮め、スノコを利用してアームを製作し、本体を組むために開いてたボルトの部分は飾りを作って隠し、底にベルトを張り、新しく作ったクッションを載せ出来上がり。
お部屋にピッタリのどこにもないソファになりました。

木製家具はいろいろな形にリメイクすることができます。
捨ててしまう前や新しいものを買い換える前に「もしかしたら、何かにつかえるかも?」と思ったらご相談ください。

面取り

ファイル 68-1.jpgファイル 68-2.jpgファイル 68-3.jpgファイル 68-4.jpgファイル 68-5.jpg

修理、別注で最後の形を決めるのが角の面の処理です。
普段は簡単な面形状を選びますが、今回は昔の家具に脚を付ける依頼だったのでなるべく近い面を取ることにしました。
今回のような面取りの作業は初めてで、作業の前後で表情がガラッと変わったのが驚きです。
シンプルな面も家具そのものの形がよく見えて良いですが、このような凝った形の面も中々良いものです。

COBO 鈴木

ページ移動